U-NEXTで31日間無料見放題!
当サイトにはPRが含まれています
映画化された小説

【九十歳何がめでたい】映画化原作エッセイ~佐藤愛子節全開

90歳何がめでたい

当サイトにはPRが含まれています

スポンサーリンク

こんにちは

映画化される原作エッセイをご紹介します。

今日ご紹介するエッセイは『九十歳何がめでたい』です。

映画のタイトルもエッセイと同じ『九十歳何がめでたい』です。

著者は小説家の佐藤愛子さんです。

佐藤愛子さんの生まれは1923年(大正12年)です。御年100歳です。

当然ながら当エッセイは佐藤愛子さんが90歳の時に書かれたエッセイですね。

それではお伝えします。

映画化原作小説の記事まとめはこちらです

【映画化される原作小説】誰が読んでも間違いなく面白い作品

小説の楽しみ方

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク

amazonプライムデー

↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
スポンサーリンク

エッセイ「九十歳何がめでたい」のご紹介

出典 アマゾン

佐藤愛子さんのエッセイ「九十歳何がめでたい」をご紹介します

本当に佐藤愛子さんが90歳の時に書かれたエッセイです。それだけでも驚きですが、エッセイを読んでさらに驚きが増すはずです。

エッセイ「九十歳何がめでたい」の内容

エッセイの内容

本書『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。
2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。

大正12年生まれ。現在93歳の佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。その時のインタビューでこう語っています。
「書くべきことは書きつくして、もう空っぽになりました。作家としての私は、これで幕が下りたんです」
(「女性セブン」2015年2月5日号より)

その一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。
自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。

自ら災難に突進する性癖ゆえの艱難辛苦を乗り越えて生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、
人生をたくましく生きるための「金言」も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。

出典 アマゾン

各界著名人も大絶賛のエッセイ「九十歳何がめでたい」

エッセイ「九十歳何がめでたい」は各界の様々な著名人が大絶賛しています。

こんな方も大絶賛です

  • キャスター・安藤優子さん
    「とにかく痛快でした。言いたいこと言って、縦横無尽に切りまくる。でも不思議なくらい温かい」
  • 落語家・桂歌丸さん
    「この本は年寄りの教科書。佐藤さんの“角張った生き様”は老い先短い自分がどこに向かうか考える上で、とても参考になりました」
  • 作家・瀬戸内寂聴さん
    「彼女の表現にはユーモアがあって、笑わせますよね。全28編、それぞれ必ず1回か2回は、思わずゲラゲラ笑ってしまいました」
  • 作家・辻村深月さん
    「読み終えて本を閉じ、思わずにはいられなかった。九十歳、それでもやっぱりおめでたい、と」
  • 『徹子の部屋』では、黒柳徹子さんと冨士眞奈美さんが大絶賛。

おすすめのポイント

筆者は90際まで後20年以上あります。

シニア世代の方なら読んでみて損はありませんよ。

佐藤愛子さんの行き方が絶対参考になりと思います。

年齢を重ねたからこと見える世界があるものです。

お年寄りだからといって何も遠慮することなんかありません。

元気に年を重ねる楽しさみたいなものと寂しさが伝わってきます。

是非一度読んでみて下さい。

目次の一部をお伝えします。

  • こみ上げる憤怒の孤独
  • 来るか?日本人総アホ時代
  • 老いの夢
  • 人生相談回答者失格
  • 二つの誕生日
  • ソバプンの話
  • 我ながら不気味な話
  • 過ぎたるは及ばざるが如し
  • 子供のキモチは
  • 心配性の述懐〔ほか〕

読者の声

読書メーターによせられた読者の声をお伝えします。

映画化ということで手に取るミーハーの私。まずページを開いて感じた事。1ページ12行、大きめの黒々とした活字に「法事の時 渡されるお経の冊子みたいだなぁ」等と罰当たり。内容は90歳過ぎた大先生とは思えない、現代にフィットしたシャープでユーモア溢れるエッセイの数々。途中から筆者の年齢を忘れそうになった。各々は大変楽しいエッセイだが、本作を一本の映画の脚本にするのは至難の技が必要だったのではないか、と要らぬ心配をしてしまった。次は映画。

カルバンクさん

佐藤愛子さんのプロフィール

佐藤愛子さんのプロフィールです

佐藤愛子(あさくら あきなり)

1923(大正12)年、大阪市生れ。甲南高女卒。小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり処女作を発表。

1960年「文學界」に掲載された「冬館」で文壇に認められ、1969年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞を、1979年に『幸福の絵』で女流文学賞を受賞。

佐藤家の人々の凄絶な生きかたを、ありありと描いた大河小説『血脈』で、2000(平成12)年菊池寛賞を、2015年『晩鐘』で紫式部文学賞を受賞する

。ユーモラスなエッセイにもファンが多く、2016年『九十歳。何がめでたい』が大ベストセラーとなった。2017年、旭日小綬章を受章。

新潮社
スポンサーリンク

映画「九十歳何がめでたい」のキャスト・あらすじ

出典 映画.com

先ほどもお伝えした通り「九十歳何がめでたい」は映画になりました

タイトルも「九十歳何がめでたい」です

映画、「九十歳何がめでたい」の予告編です。

映画の公式サイトはこちらです

映画『九十歳。何がめでたい』|大ヒット上映中!
社会現象を生んだ、人気エッセイが映画化。「生きづらい世の中」に悩むすべての人に贈る、笑いと共感の痛快エンターテイメント!あなたの悩みも“一笑両断”!

映画「九十歳何がめでたい」の紹介

映画「九十歳何がめでたい」の解説です。

映画の解説

作家・佐藤愛子が日々の暮らしと世の中への怒りや戸惑いを独特のユーモアでつづったベストセラーエッセイ集を、草笛光子主演で映画化。

これまで数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言して人づきあいも減り、鬱々とした日々を過ごしていた。そんな彼女のもとに、中年の冴えない編集者・吉川がエッセイの執筆依頼を持ち込んでくる。生きづらい世の中への怒りを歯に衣着せぬ物言いでつづったエッセイは思いがけず大反響を呼び、愛子の人生は90歳にして大きく変わり始める。

編集者・吉川を唐沢寿明、愛子の娘・響子を真矢ミキ、孫・桃子を藤間爽子、吉川の妻・麻里子を木村多江、娘・美優を中島瑠菜が演じる。「老後の資金がありません!」などの前田哲監督がメガホンをとり、「水は海に向かって流れる」でも前田監督と組んだ大島里美が脚本を担当。

参考 映画.com

出演

  • 草笛光子
  • 唐沢寿明
  • 藤間爽子
  • 片岡千之助
  • 中島瑠菜
  • オダギリジョー

監督 前田哲さん ー「陽気なギャングが地球を回す」「そして、バトンは渡された」 ー

主演の草笛光子さんは実年齢でも90歳を迎えられました。お元気でなによりです。この映画の主役にピッタリです。

劇場公開日は2024年6月21日です

佐藤愛子さんの小説をもう一冊読むなら「九十八歳。戦いやまず日は暮れず」

出典 アマゾン

佐藤愛子さんのエッセイをもう一冊読むならおすすめしたい作品は、「教九十八歳。戦いやまず日は暮れず」です。当記事紹介のエッセイの続編といった感じでしょうか。

タイトルは、1969年に発売され直木賞受賞作となった佐藤さんの小説『戦いすんで日が暮れて』の本歌取り。夫が作った莫大な借金をひとり背負い込んで奮闘する妻(=佐藤さん)の姿を活写し、愛子センセイが世に出るきっかけになった代表作のひとつです。
それから52年、自身の最後となる本エッセイ集のタイトルに『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』と付けたのは、借金は返済したけれど、人生の戦いはやまず、今も日も暮れていない――。愛子センセイが97年を生きて来た人生の実感です。愛子センセイがヘトヘトになりながら綴った、抱腹絶倒のエッセイ全21編をぜひご堪能ください。

アマゾン

超能力を手に入れた高校生のお話です。

もう一冊の小説も探しやすいようにリンクを貼っておきますね。

エンタテインメントを楽しむ

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Music UnLimited
  1億曲冊以上が自由に聴き放題。最初の30日間無料。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク

まとめ

映画化された原作エッセイを紹介するブログ記事。

今日は佐藤愛子さんのエッセイ「九十歳何がめでたい」をご紹介しました

本日ご紹介したエッセイはこちらです。

映画が公開されるのは、2024年6月21日です。

未読の方は読まれてみてはいかがでしょうか

映画化原作小説の記事まとめはこちらです

【映画化される原作小説】誰が読んでも間違いなく面白い作品

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

amazonプライムデー

↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
メルカード
スポンサーリンク