U-NEXTで31日間無料見放題!
当サイトにはPRが含まれています
映画化された小説

『白鍵と黒鍵の間に』映画化原作小説 実在したジャズピアニスト

当サイトにはPRが含まれています

スポンサーリンク

映画【白鍵と黒鍵の間に】が公開されます。

白鍵と黒鍵とは、ピアノの鍵盤部分のことです

その名の通り、白鍵は白い鍵盤を、黒鍵は黒い鍵盤を指します

読み方は、「はっけん」と「こっけん」です

映画【白鍵と黒鍵の間に】には、原作小説があります

原作小説も同じタイトルです

それではお伝えします。

開催中のAmazonおすすめキャンペーン

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク

amazonプライムデー

↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
スポンサーリンク

原作小説「白鍵と黒鍵の間に」のご紹介

映画【白鍵と黒鍵の間に】の原作小説も、同じタイトルです

よく見ると、小っちゃいサブタイトルが付いています

「ピアニスト・エレジー銀座編」です

著者は、南博さんです

小説「白鍵と黒鍵の間に」のあらすじです

日本有数の人気ジャズ・ピアニスト、南博が綴る、爆笑と感動の青春記。

真面目なクラシック・ピアニスト志望だった南青年は、ある日ふと聴いたジャズに魅せられ、人生が一変した。

小岩のキャバレー、六本木のバー、そして銀座の超高級クラブでのピアニスト生活。

ボスであるバンマスは海千山千のギャンブラー、ママやホステスは危険な香りを振りまく夜の蝶、そしてお客はあやしげなバブル紳士と「さる組織」の親分に幹部たち。

欲望と札束が飛び交う夜の銀座で、南青年は四苦八苦しながら人生を学んでゆく。

そして数年、南青年は銀座に別れを告げて、あこがれのアメリカへのジャズ留学を決意する…。

出典 小学館
おすすめポイント

著者の南博さんは、日本有数の人気ジャズ・ピアニストです

アメリカにジャズ留学する前の数年間を過ごした銀座でのお話です

本は、自伝的長編エッセイのような形式で綴られています

書き方も出来事も全てが面白いです

笑えるし感動もします

銀座の世界が手に取るように伝わってきます

是非、読んでみて下さい

南博さんのプロフィール

それでは原作者の南博さんのプロフィールをご紹介します

お名前の読み方は、「みなみ ひろし」さんです。

ジャズピアニスト。

1960年東京都生まれ。

東京音楽大学器楽科打楽器専攻卒業。

1988年バークリー音楽大学から奨学金を得て渡米。

1991年バークリー音楽大学作曲パフォーマンス課程卒業。

帰国後は自身のグループを率い精力的に活動するとともに、綾戸智絵、菊地成孔、キャスパー・トランバーグらとも共演を重ねる。

出典 アマゾン

南博さんは、代官山でジャズ・ポピュラーピアノのレッスンもされています

公式ホームページはこちらです

ユーチューブには演奏動画もあります

スポンサーリンク

映画「白鍵と黒鍵の間に」のご紹介

出典 映画.com

映画の「白鍵と黒鍵の間に」もご紹介します

上記の写真は、主人公を演じる池松壮亮さんです

実は一人二役だそうです

映画の特報はこちらです

映画の解説です

池松壮亮が1人2役で主演を務め、昭和末期の銀座を舞台に2人のジャズピアニストの運命が交錯し大きく狂い出す一夜を描いたドラマ。

「素敵なダイナマイトスキャンダル」の冨永昌敬監督が、ミュージシャン・南博の回想録「白鍵と黒鍵の間に ジャズピアニスト・エレジー銀座編」を大胆にアレンジして映画化した。

昭和63年。銀座のキャバレーでピアノを弾いていたジャズピアニスト志望の博は、謎の男からのリクエストで“あの曲”こと「ゴッドファーザー 愛のテーマ」を演奏する。

しかし“あの曲”をリクエストできるのは銀座を牛耳るヤクザの親分・熊野会長だけで、演奏を許されているのも会長お気に入りのピアニスト・南だけだった。

未来に夢を見る博と、夢を見失ってしまった南の運命は絡みあい、多くの人々を巻き込みながら事態は思わぬ方向へと転がっていく。

共演には仲里依紗、森田剛、高橋和也、クリスタル・ケイ、松尾貴史ら個性豊かな顔ぶれがそろう。(参考 映画.com)

出演者 池松壮亮さん

    仲里依紗さん

    森田剛さん

監督  冨永昌敬さん  「ローリング」、「南瓜とマヨネーズ」、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の監督です

映画「白鍵と黒鍵の間に」の劇場公開予定日は、2023年10月6日です。

南博さんの著書をもう一冊読むならコレ

南博さんの著書をもう一冊読むんだったらお薦めの書籍をご紹介します

もちろんそれは「ピアニスト・エレジー銀座編」で、タイトルは「鍵盤上のU.S.A.」です

2008年5月に当社から刊行され好評を博した、ジャズピアニスト南博の自伝的エッセイ『白鍵と黒鍵の間に』の続編。

銀座高級クラブのピアニストを辞め、アメリカのバークリー音楽大学へ留学した南青年は、現地でさまざまなトラブルに巻き込まれつつ、ジャズ三昧の日々を送る。

言葉の障害、人種的なトラブル、抱腹絶倒の失敗談、すばらしい先達や仲間たちとの出会い、情熱的な恋愛…。

福田和也、井上章一、縄田一男、坪内祐三などの読み巧者たちに絶賛を浴びた「ミナミ節」がますます冴えわたる。

爆笑と感傷と内省と希望に満ちた、感動的なビルドゥングスロマン。(参考 アマゾン)

スポンサーリンク

まとめ

今日は、映画「白鍵と黒鍵の間に」の原作小説をお伝えしました。

原作小説は自伝的エッセイです

読んでいて爆笑です

バブルの頃の銀座のスゴさがよくわかります

是非、読んでみて下さい

それでは

その他の映画の原作小説のまとめ記事はこちらです

Amazonでエンタテインメントを楽しむならコレ

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Music UnLimited
  1億曲冊以上が自由に聴き放題。最初の30日間無料。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

amazonプライムデー

↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
メルカード
スポンサーリンク