U-NEXTで31日間無料見放題!
当サイトにはPRが含まれています
映画化された小説

『リボルバーリリー』映画化原作小説 美しき女性のスパイ物語

当サイトにはPRが含まれています

スポンサーリンク

ハードボイルド小説の傑作をご紹介します。

タイトルは【リボルバー・リリー】。著者は長浦京さんです。

舞台は大正時代の日本です。

リボルバーとは回転式の拳銃ですね。

この小説、同じタイトルで映画化されます。主演は綾瀬はるかさんです。イメージピッタリです。

それではお伝えします

開催中のAmazonおすすめキャンペーン

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク

amazonプライムデー

↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
スポンサーリンク

小説『リボルバー・リリー』のご紹介

長浦京さんの「リボルバー・リリー」とはどのような小説なのでしょうか

小説のご紹介

第19回大藪春彦賞受賞作。これぞ、ノンストップアクション!

小曽根百合――実業家・水野寛蔵の下、幣原機関で訓練を受け、16歳で実地任務に投入。

東アジアを中心に3年間で57人の殺害に関与し、各国大使館から「最も排除すべき日本人」と呼ばれた美しき諜報員。

二十歳を迎えた彼女は、突然、活動を止め、消息を絶った。

純粋で一途、ゆえに冷徹非情。硝煙をまとい、絶望と踊る女――またの名を「リボルバー・リリー」。

消えた陸軍資金の鍵を握る少年・細見慎太との出会いが、彼女を再び戦場へと還らせる。

二人を追うのは帝国陸軍の精鋭たち。関東大震災後の東京を生き抜く先に、終息の地は待っているのか。

出典 講談社
ここがポイント

物語は、関東大震災での出来事からスタートします

いきなりの展開から、グイグイ引き込まれます

そこからノンストップで物語が始まります

銃を使ったシーンが多いですが、どのシーンも緊張感が半端ありません

ハードボイルドって、こういう小説なんだろうと思わせてくれるお話です

主人公のリボルバーリリーが魅力的に描かれていて、きっと気に入ると思いますよ

是非、読んでみて下さい

200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験

著者長浦京さんのご紹介

長浦京さんのプロフィールです

長浦京(ナガウラ キョウ)

1967年埼玉県生まれ。

法政大学経営学部卒業後、出版社勤務などを経て放送作家に。

その後、難病指定の病にかかり闘病生活に入る。

退院後に初めて書き上げた『赤刃』で、第6回小説現代長編新人賞を受賞。

2017年本作で大藪春彦賞を受賞する。近著に『マーダーズ』(講談社)がある。

出典 講談社

小説『リボルバー・リリー』は映画になります

この小説「リボルバー・リリー」は映画になります

綾瀬はるかさんのアクションがカッコイイです

映画のタイトルも同じ、「リボルバー・リリー」です

出演 綾瀬はるかさん

   長谷川博己さん

監督 行定 勲さん 「世界の中心で、愛をさけぶ」の監督です

劇場公開予定日は2023年8月11日です

映画の紹介

INTRODUCTION

男たちが乱れ狂った時代に、咲き誇れ!
映画史上最強のダークヒロインここに降臨

「“小曽根百合”のところにいけ!」

少年と出逢い、現在が目覚め、S&W M1917 リボルバーを握り、未来が覚醒する。
1924年帝都・東京。
欲望が剥きだしになった人間たちの思惑が交錯するなか、明日の「生」に向けた伝説が幕を開ける――。

出典 公式サイト

キャスト発表会見での綾瀬はるかさんのコメント

挨拶に立った綾瀬は「スケールの大きな作品で、どんな映像になるのかワクワク感があった」とオファーを受けた第一印象を振り返り、「アクションシーンもたくさん描かれているので、体づくりが大変だなと。

それとこの作品をきっかけに、髪を切ったり、新たな挑戦もあった」と役作りにも確かな手応え。

昨年夏に約3カ月の撮影が行われ、「見てくださるお客さんを物語に誘って、心揺さぶるような作品になるといいなと思います」と完成に期待を寄せていた。

出典 映画.com

長浦京さんの小説をもう一冊読むならお薦めはコレ

長浦京さんの小説をどれかもう一冊読むとするならお薦めするのはこの小説です

タイトルは『アンダードッグス』です

あらすじ

裏金作りに巻き込まれ全てを失った元官僚の古葉慶太は、イタリア人大富豪に世界を揺るがす計画を託される。

それは、国籍もバラバラな“負け犬”仲間たちとチームを組み、香港の銀行地下に隠された国家機密を奪取するというものだった―。

敵は大国、狙うは国家機密!1997年、返還前夜の香港で、負け犬たちの逆襲が始まる。超弩級ミステリー巨編!

出典 アマゾン

直木賞候補作です

スポンサーリンク

まとめ

最近読んでメチャメチャ面白っ方小説をご紹介しました

今日ご紹介したのは、長浦京さんの小説「リボルバー・リリー」です

映画の公開も楽しみです。未読の方は読まれてみてはいかがでしょうか

その他の映画になった原作小説の記事はこちらです

Amazonでエンタテインメントを楽しむならコレ

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Music UnLimited
  1億曲冊以上が自由に聴き放題。最初の30日間無料。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

amazonプライムデー

↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
メルカード
スポンサーリンク