新着【青汁人気ランキングまとめ】公開
当サイトにはPRが含まれています
映画化された小説

『ジャパン・ディグニティ』映画原作小説 タイトルはバカ塗りの娘

当サイトにはPRが含まれています

スポンサーリンク

こんにちは

今日は、映画【バカ塗りの娘】の原作小説をご紹介します。

小説のタイトルは「ジャパン・ディグニティ」です。

ディグニティとは、威厳、尊厳、気品などの意味です

人間の尊厳や、ある状況や行動における品位や堂々とした態度を表す際に用いられます。

著者は髙森 美由紀さん。

第一回「暮らしの小説大賞」受賞作です。

青森が舞台のもの作り小説です。

映画では堀田真由さんが主人公を演じます。楽しみです。

それではお伝えします。

開催中のAmazonおすすめキャンペーン

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク
↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
スポンサーリンク

小説「ジャパン・ディグニティ」のご紹介

髙森 美由紀さんの「ジャパン・ディグニティ」とはどのような小説なのでしょうか

小説のご紹介

22歳の美也子は津軽塗職人の父と、デイトレーダーをしているオネエの弟との三人暮らし。

母は、貧乏暮らしと父の身勝手さに愛想を尽かして出て行った。

美也子はスーパーのレジ係の傍ら、家業の津軽塗を手伝っていたが、元来の内向的な性格と極度の人見知りに加え、クレーマーに苛まれてとうとうスーパーを辞める。

しばらくの間、充実した無職ライフを謳歌していたが、やがて津軽塗の世界に本格的に入ることを決めた。

50回ほども塗りと研ぎを繰り返す津軽塗。

一人でこつこつと行う手仕事は美也子の性に合っていて、その毎日に張りを与え始める。

父のもとで下積みをしながら、美也子は少しずつ腕を上げていき、弟の勧めで、オランダで開催される工芸品展に打って出ることに。

第1回暮らしの小説大賞受賞作!

出典 アマゾン

第一回「暮らしの小説大賞」選考委員の各評です。

選考委員の評
  • 「読んだ人の暮らしが少しでも豊かになることを願って。」 フードスタイリスト 飯島奈美
  • 「普段、小説を読まない人にこそオススメしたい一冊。」 オルネドフォイユ・オーナー 谷あきら
  • 「暮らしを骨太に描いた超力作!!」 ブックディレクター 幅允孝
お気に入りのポイント

津軽塗を初めて知りました

日本中に昔ながらの伝統工芸が残っているんですね。

残炎ながら斜陽産業に変わり有りません。

でも本作はちょっと違います

インターネットを通じて販路の世界が広がっていきます

そうなるためには、圧倒的な技術の下地が必要で有ることは、言うまでもありません

もの作りのイイお話です

本日ご紹介する小説はこちらです。探しやすいようにリンクを貼っておきますね。

200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験

髙森 美由紀さんのプロフィール

髙森 美由紀さんのプロフィールです

髙森 美由紀

1980年生。

青森県出身。

地元で勤務しながら創作活動を続ける。

2014年『ジャパン・ディグニティ』で第1回暮らしの小説大賞受賞。2023年「バカ塗りの娘」として映画化。

主な作品に『おひさまジャム果風堂』『お手がみください』『みさと町立図書館分館』『みとりし』『ペットシッターちいさなあしあと』『羊毛フェルトの比重』(すべて産業編集センター)、『藍色ちくちく 魔女の菱刺し工房』(中央公論新社)など。

出典 アマゾン

読者の声

産業編集センター社によせられた読者の声をお伝えします。

登場人物がそれぞれ個性的でおもしろいです。感動的なラストの手紙でふき出し、泣きました!!この本1冊で著者のファンになりました!!

久しぶりに時間を忘れて読み更ける小説に出会いました。津軽塗は私にとって憧れの塗物です。私にはお箸位しか買えませんが、初めて出会った時の感動を思い出しました。

女性・73歳・主婦

津軽塗の文字にひかれ購入。ジャイゴ弁楽しく読ませていただきました。

男性・65歳
スポンサーリンク

映画「バカ塗りの娘」のキャスト・あらすじ

出典 映画.com

「ジャパン・ディグニティ」は映画になります

タイトルは「バカ塗りの娘」です

映画のタイトルは小説と異なります

映画、「バカ塗りの娘」の予告編です。

映画の公式サイトはこちらです

映画の紹介

公式サイトから原作と映画のタイトルに関するお話をお伝えします。

ジャパンについて

海外では「japan」と呼ばれることもある“漆”。 漆は時代を問わず、工芸品、仏像、社寺建築、芸術品など日本の歴史と文化を象徴するものに使用され、世界中の人々を魅了する。

バカ塗りについて

タイトルにある“バカ塗り”は、津軽塗のことを指す言葉で、完成までに四十八工程あり、バカに塗って、バカに手間暇かけて、バカに丈夫と言われるほど、“塗っては研ぐ”を繰り返す。

漆が丁寧に塗り重ねられるように、本作も津軽塗の完成までの工程をひとつひとつ丁寧に映し出す。

またその魅力だけでなく、日本の伝統工芸が抱える社会的背景にも真摯に向き合う様は、“ものづくり”に対する敬意を感じさせる。

主演 堀田真由さん

   小林薫さん

監督 鶴岡慧子(つるおかけいこ)さん ー「くじらのまち」「まく子」ー

劇場公開予定は2023年9月です

髙森 美由紀さんの小説をもう一冊読むならコレ

髙森 美由紀さんの小説をもう一冊読むならおすすめしたい作品は、「山の上のランチタイム」です

あらすじ

都会で修業した登磨に片思いする美玖は、アピールポイントが元柔道部の足腰の強さだけというおっちょこちょい(失敗ばかりで解雇の危機も)。

さらに、登山口にあるレストランに集う少々変わったお客たちにも翻弄されて―。

イケメンシェフ、お手伝いの美少年、そしてへっぽこ従業員・美玖がお届けする極旨&やみつき確実の、心もとろける感動小説。

出典 アマゾン

もう一冊の小説も探しやすいようにリンクを貼っておきます。

スポンサーリンク

まとめ

映画化された原作小説を紹介する記事のコーナー。

今日は髙森 美由紀さんの小説「ジャパン・ディグニティ」をご紹介しました

本日ご紹介した小説はこちらです。探しやすいようにリンクを貼っておきますね。

映画が公開されるのは、2023年9月です。

未読の方は読まれてみてはいかがでしょうか

その他の映画の原作記事はこちらにまとめています

Amazonでエンタテインメントを楽しむならコレ

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Music UnLimited
  1億曲冊以上が自由に聴き放題。最初の30日間無料。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
メルカード
スポンサーリンク