U-NEXTで31日間無料見放題!
当サイトにはPRが含まれています
映画化された小説

【宝島】映画化原作小説~沖縄戦後20年の真実を描ききった傑作

宝島

当サイトにはPRが含まれています

スポンサーリンク

こんにちは

映画化される原作小説をご紹介します。

今日ご紹介する小説は『宝島』です。

映画のタイトルも小説と同じ『宝島』です。

著者は真藤順丈さんです。

アメリカ軍に占領されていた戦後の沖縄20年を描いた作品です。

沖縄で何が起こっていたのか真実が明かされる傑作です。

それではお伝えします。

映画化原作小説の記事まとめはこちらです

【映画化される原作小説】誰が読んでも間違いなく面白い作品

小説の楽しみ方

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク

amazonプライムデー

↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
スポンサーリンク

小説「宝島」のご紹介

出典 アマゾン

真藤順丈さんの小説「宝島」をご紹介します

アマゾンのキャッチフレーズは「祝!3冠達成★第9回山田風太郎賞&160回直木賞受賞!&第5回沖縄書店大賞受賞!」。

小説「宝島」のあらすじ

小説のあらすじ

希望を祈るな。立ち上がり、掴み取れ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、美しい海を、熱を、人間の力を。【あらすじ】英雄を失った島に新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みーーグスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり、同じ夢に向かった。

奪われた「故郷」を取り戻すため、少年少女は立ち上がる。
米軍統治下の沖縄を嵐のように駆け抜ける、青春と革命の一大叙事詩!!

出典 アマゾン

著名人も絶賛のコメント

各界の著名人からも絶賛のコメントが届いています

  • この熱い息吹、この語りの身軽な舞いを堪能せよ。――野崎六助(日経新聞6/21夕刊)
  • 叫びだしたくなるほど猛烈な歓喜と感謝があふれ出して止まらなくなった――宇田川拓也(本の雑誌7月号)
  • 本書は真藤順丈の新たな代表作にして、今年のエンタメ小説界の台風の目だ――朝宮運河(ダ・ヴィンチニュース6/23配信)
  • 圧倒的な傑作である、いつまでも長く読まれ愛される名作になるだろう。必読!――池上冬樹(小説現代6月号)
  • 超弩級エンタテインメント大作。読みのがすなかれ――香山二三郎(週刊新潮6/28号)
  • 読み始めたら最後、開いた頁はいつまでも閉じることができない――奥野修司(週刊文春7/5号)
  • とにかく全篇に籠められた熱量が圧倒的――千街晶之(週刊文春7/5号)

おすすめのポイント

『宝島』。小説のタイトルがイイです。

500頁を越える長編小説です。

作者の真藤順丈さんは、この小説を書き上げるのに7年を費やしたと書いていました。

読んでいると胸が苦しくなってくる表現や出来事が沢山出てきます。

結末は小説を是非読んでみて下さい

読者の声

読書メーターによせられた読者の声をお伝えします。

第二次世界大戦でアメリカ軍との陸上戦を強いられた沖縄。敗戦後はアメリカの占領地となり、人々は凄惨な占領下時代を迎える。物語の4人の主人公たちは、アメリカ軍の基地や倉庫から食べ物や医療品などを盗んでくる「戦果アギヤー」だった。リーダーはオンちゃん。ある日仕事が失敗し、オンちゃんは行方不明になる。残された3人はオンちゃんの行方を探しながら沖縄返還に至るまでの月日を生きていく。伝説の英雄オンちゃんを偲んで生きる姿から、戦争に苦しむ沖縄の人々の生の声が聞えて来るようだった。沖縄戦史としても読む価値のある作品。

アーミーさん

真藤順丈さんのプロフィール

真藤順丈さんのプロフィールです

真藤順丈(しんどう・じゅんじょう)

1977年東京都生まれ。2008年『地図男』で、第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞しデビュー。同年『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞、『東京ヴァンパイア・ファイナンス』で第15回電撃小説大賞銀賞、『RANK』で第3回ポプラ社小説大賞特別賞をそれぞれ受賞。2018年に刊行した『宝島』で第9回山田風太郎賞、第160回直木三十五賞を受賞。著書にはほかに『バイブルDX』『畦と銃』『墓頭』などがある。

アマゾン

真藤順丈さんはデビューしてから11年、この作品で第160回直木三十五賞を受賞しています。

スポンサーリンク

映画「宝島」のキャスト・あらすじ

出典 映画.com

先ほどもお伝えした通り「宝島」は映画になりました

タイトルも「宝島」です

映画、「宝島」の特報です。

映画の公式サイトは こちら です

映画「宝島」の紹介

映画「宝島」の解説です。

第160回直木賞に審査委員から満場一致で選ばれ、さらに第9回山田風太郎賞、第5回沖縄書店大賞を受賞し、栄えある三冠に輝いた。
この熱量高い傑作小説「宝島」が実写映画化されることが決定した。監督を務めるのは、時代劇からアクション、SF、ドラマ、ミステリーやファンタジーまで、常に新たな挑戦をし続ける大友啓史(『るろうに剣心シリーズ』、『レジェンド&バタフライ』)。大友はNHKに在籍中、連続テレビ小説「ちゅらさん」で沖縄を撮影してきたが、原作に惚れこみ映像化を熱望した今作で、戦後沖縄の20年と真正面から向き合うことになる。この圧倒的熱量で描かれた原作と、細部まで徹底的にこだわり、セリフのないシーンや物語の中心ではない市井の人々にまで熱い感情を注ぎ込む大友監督との出会いは、日本映画を新たな境地へと導くに違いない。
主演には妻夫木聡を迎え、さらに広瀬すず、窪田正孝、永山瑛太ら日本映画界を牽引する豪華俳優陣が集結!全てが失われた戦後沖縄。混沌とした時代を全力で駆け抜けた‟戦果アギヤー“と呼ばれる若者たちの姿を、圧倒的熱量と壮大なスケールで描く、超弩級エンタテインメントが誕生する。

公式サイト

映画のストーリーです

沖縄がアメリカだった時代。米軍基地から奪った物資を住民らに分け与える、“戦果アギヤー”と呼ばれる若者たちがいた。その中心にいるのは、いつか「でっかい戦果」を上げることを夢見る幼馴染の4人、オン、グスク、ヤマコ、レイ。その中でも、英雄的存在であり、リーダーとしてみんなを引っ張っていたのが、一番年上のオンだった。全てを懸けて臨んだある襲撃の夜、オンは「予定外の戦果」を手に入れ、突然消息を絶つ…。
残された3人はやがて、警察官、小学校の先生、ヤクザになり、それぞれの想いを胸に、憧れの存在オンの失踪の謎を追うが――。

公式サイト

映画化にあたって原作者のコメントもお伝えします

あらゆる近現代の物語は〝沖縄〟に通じる――そう信じてコザのセンター通りでほぼ路上生活を送りながら構想を固めていたころは、本作を映像化しようという蛮勇がこの国の映画界に残っているとは思ってもみなかった。
 たくさんのご厚意にあずかって、沖縄のロケやスタジオ撮影を訪ねる機会に恵まれたが、そこでさらに確信を深めることができた。大友啓史監督を始めとするすぐれたスタッフや俳優陣が立ち働く現場には、戦後日本の〝青春時代〟ともいえる『宝島』の時代が現前していた。現場の袖には当時の資料写真が配され、美術や装飾によって風景は時間をさかのぼり、照明がほの暗い世相の陰と陽をさばき、モブの一人にまで注がれる演出のはざまを自在にカメラの目が抜けていく。ぶっちゃけ作り手として羨望や嫉妬をおぼえるほどの(この現場でぼくが『宝島』を撮りたいとすら願った。S・キングの『シャイニング』になりそうだから止めておくけど)とめどない現場の熱が、おなじ地平の、おなじ方向へと向かっている。この作品ならきっと、沖縄人たちが死に物狂いで獲得してきたもの、払われた犠牲、暗闇の奥から差しだしてくれている祈りの手を、映画という形でつかみ返してくれるはずだ。なおかつ、凋落ちょうらくするエンタメ産業にひとつの革新的な〝解〟をも示してくれるだろう。
以上、原作者のひいき目抜きには語れませんけどね、これはとんでもないところまで到達する邦画になる。一人の映画ファンとして上映館で「あきさみよう!」とわななくような昂揚と歓喜をおぼえる日を心待ちにしています。

公式サイト

出演

  • 妻夫木聡
  • 広瀬すず
  • 窪田正孝
  • 永山瑛太

監督 大友啓史さん ー「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」大河ドラマ「龍馬伝」 ー

劇場公開日は2025年です

真藤順丈さんの小説をもう一冊読むなら「地図男」

出典 アマゾン

真藤順丈さんの小説をもう一冊読むならおすすめしたい作品は、「地図男」です。

「新たな小説的才能の出現」(奥泉光)と評された新直木賞作家のデビュー作

仕事で移動中の〈俺〉は、大判の関東地域地図帖を脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇する。地図帖にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書きこまれていた。千葉県北部を旅する天才幼児、東京23区の区章をめぐる闘い、奥多摩で運命に翻弄される少年少女の軌跡――数々の物語に没入した〈俺〉は、それらに秘められた謎の真相に迫っていく。『宝島』で第160回直木賞を受けた俊英の、才気あふれるデビュー作。

アマゾン

真藤順丈さんのデビュー作品です。

もう一冊の小説も探しやすいようにリンクを貼っておきますね。

エンタテインメントを楽しむ

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Music UnLimited
  1億曲冊以上が自由に聴き放題。最初の30日間無料。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク

まとめ

映画化された原作小説を紹介するブログ記事。

今日は真藤順丈さんの小説「宝島」をご紹介しました

本日ご紹介した小説はこちらです。

映画が公開されるのは、2025年です。

未読の方は読まれてみてはいかがでしょうか

映画化原作小説の記事まとめはこちらです

【映画化される原作小説】誰が読んでも間違いなく面白い作品

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

amazonプライムデー

↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
メルカード
スポンサーリンク