新着【青汁人気ランキングまとめ】公開
当サイトにはPRが含まれています
映画化された小説

『大きなハードルと小さなハードル』映画夜鳥たちが啼く原作小説

当サイトにはPRが含まれています

スポンサーリンク

佐藤泰志さんの小説「大きなハードルと小さなハードル」をご紹介します

7編からなる小説です

最近「夜、鳥たちが啼く」という映画が公開されました

この映画の原作小説が、この小説「大きなハードルと小さなハードル」の一編「夜、鳥たちが啼く」です

それではお伝えします

開催中のAmazonおすすめキャンペーン

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク
↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
スポンサーリンク

小説「大きなハードルと小さなハードル」のご紹介

佐藤泰志さんの「大きなハードルと小さなハードル」とはどのような小説なのでしょうか

小説のご紹介

「彼は憎しみでも怒りでも何でもいい、身体に満ちることを願った。

…大きなハードルも小さなハードルも、次々と乗り越えてみせる」危機をひたむきに乗り越えようとする主人公と家族を描く表題作をはじめ八〇年代に書き継がれた「秀雄もの」と呼ばれる私小説的連作を中心に編まれた没後の作品集。

出典 Amazon

冒頭でもお伝えしましたが、この小説は7編の短編で構成されています

7編のタイトル

  • 美しい夏
  • 野栗鼠
  • 大きなハードルと小さなハードル
  • 納屋のように広い心
  • 裸者の夏
  • 鬼ヶ島
  • 夜、鳥たちが啼く
おすすめのポイント

一言でお伝えするなら、「不思議な雰囲気の小説」としか言えません

特に映画にもなった「夜、鳥たちが啼く」も「不思議な雰囲気のお話」です

面白いとか、面白くないとか一言では、言い表せない世界です

何となく解る

そんな感じの小説ですね

200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験

佐藤泰志さんのプロフィール

佐藤泰志さんのプロフィールです

佐藤泰志(さとう やすし)

1949-1990。北海道・函館生まれ。高校時代より小説を書き始める。

81年、『きみの鳥はうたえる』で芥川賞候補になり、以降3回、同賞候補に。

89年、『そこのみにて光輝く』で三島賞候補になる。

90年、自死。

出典 河出書房新社

映画「夜、鳥たちが啼く」のご紹介

映画化された「夜、鳥たちが啼く」もご紹介します

公式サイトはこちらです

映画のタイトルは、「夜、鳥たちが啼く」です

出演 山田裕貴さん

   松本まりかさん

監督 城定秀夫さん ー「アルプススタンドのはしの方」の監督ですー

劇場公開日は2022年11月です

映画のストーリー

若くして小説家デビューするも、その後は鳴かず飛ばず、同棲中だった恋人にも去られ、鬱屈とした日々を送る慎一(山田裕貴)。

そんな彼のもとに、友人の元妻、裕子(松本まりか)が、幼い息子アキラを連れて引っ越してくる。

慎一が恋人と暮らしていた一軒家を、離婚して行き場を失った2人に提供し、自身は離れのプレハブで寝起きするという、いびつな「半同居」生活。自分自身への苛立ちから身勝手に他者を傷つけてきた慎一は、そんな自らの無様な姿を、夜ごと終わりのない物語へと綴ってゆく。

書いては止まり、原稿を破り捨て、また書き始める。それはまるで自傷行為のようでもあった。

一方の裕子はアキラが眠りにつくと、行きずりの出会いを求めて夜の街へと出かけてゆく。

親として人として強くあらねばと言う思いと、埋めがたい孤独との間でバランスを保とうと彼女もまた苦しんでいた。

そして、父親に去られ深く傷ついたアキラは、唯一母親以外の身近な存在となった慎一を慕い始める。

慎一と裕子はお互い深入りしないよう距離を保ちながら、3人で過ごす表面的には穏やかな日々を重ねてゆく。だが2人とも、未だ前に進む一歩を踏み出せずにいた。

そしてある夜……。

出典 公式サイト

映画「夜、鳥たちが啼く」の予告編

映画「夜、鳥たちが啼く」は、U-NEXTで見ることが出来ます

もちろんDVDでも見ることができます

佐藤泰志さんをもう一冊読むならこの小説

佐藤泰志さんを小説を、もう一冊おすすめするならこの小説です

タイトルは「きみの鳥はうたえる」です

あらすじ

郊外の書店で働く「僕」といっしょに住む静雄、そして佐知子の悲しい痛みにみちた夏の終わり…世界に押しつぶされないために真摯に生きる若者たちを描く青春小説の名作。読者の支持によって復活した作家・佐藤泰志の本格的な文壇デビュー作であり、芥川賞の候補となった初期の代表作。珠玉の名品「草の響き」併録。

出典 アマゾン

スポンサーリンク

まとめ

今日は、佐藤泰志さんの小説「大きなハードルと小さなハードル」をご紹介しました

7編からなる小説です

最近映画も公開された「夜、鳥たちが啼く」という映画の原作小説が、この7編の一つです

映画も公開されました。未読の方は読まれてみてはいかがでしょうか

その他のお気に入りの映画原作小説はこちらです

Amazonでエンタテインメントを楽しむならコレ

Amazonプライムビデオ
  映画・TV番組が見放題。30日間無料体験。

Music UnLimited
  1億曲冊以上が自由に聴き放題。最初の30日間無料。

Kindle Unlimited
  200万冊以上が読み放題。初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

オーディオブック
  会員なら対象作品が聴き放題。30日間の無料体験が可能。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓今日の特集・セールを見る↓



スポンサーリンク
メルカード
スポンサーリンク